洋野町 洋野町 洋野町 洋野町

ひきこもり者の支援

支援内容について


 ひきこもりとは、「様々な要因の結果として社会参加(就学、就労)を回避し、かつ家族以外の人との交流をほとんどせずに6か月以上続けて家庭にとどまり続けている状態」を言います。

 洋野町では平成24年からひきこもり者の支援を行ってきました。

平成30年度から、エンパワメント輝きが「ひきこもり対策推進事業」の委託を受けて行っています。主に保健師の大光が担当しています。

事業内容は相談、訪問、家族会の支援、当事者の集い支援、普及啓発などです。

 

 ◎相談

 電話や来所などによる相談を行っています。本人からの相談は難しいと思われますので、ご家族からの相談や民生委員、親戚の方からの相談でもかまいません。

 当事者や相談者の情報は守りますので、遠慮なくご相談ください。随時受け付けています。(☎66-8321)

 

 ◎訪問

 来所による相談は少ないことから、情報があった場合は、確認のための訪問を行います。ひきこもりかどうか、継続支援が必要かどうかの確認のためです。

 精神疾患があり、すでに治療している場合は対象から除きます。

 今まで受診したことがないが、精神疾患が疑われる場合や発達障害が疑われる場合は、受診を勧めることもあります。その場合は、家族の了解のもとに医療機関への連絡や必要に応じて受診に同行するなど、本人の状態がいい方向に行くよう支援します。今まで14人の方が受診し治療を受けるようになりました。

 進学や就労できるようになった人が21人おります。就労が困難で生活困窮の人には、障害年金や生活保護等の経済的な支援が受けられるよう、手続きなどの支援をしています。(令和元年10月現在)

 

 

 

また、山科教授(中央大学文学部 人文社会学科心理学専攻、精神科医)が2か月に1回程度来町しておりますので、訪問希望があれば一緒に訪問します。受診させるのが難しいと思われる方はぜひご相談ください。

ひきこもり女子会 Café151 のご案内

講演会のお知らせ

 日時:2019年7月6日(土)

    13:00~15:00

    (受付開始13:00)

 場所:洋野町民文化会館2階研修室

 参加料無料:どなたでも参加できます

 参加締め切り…7/3(水)

 ※当日参加もできますが、準備の都合上なるべく

  お申し込みをお願いします。

 講師:野村 俊幸 氏

  (社会福祉士/精神保健福祉士)

 

ご自身の体験を基に、不登校・ひきこもりサポートの地域活動に従事していらっしゃる講師にお話しいただきます。

ご家族のことで悩んでいらっしゃる方、どう支援してよいか迷っている方など、ぜひご参加ください。

新しい発見があるかもしれません。

 

※この講演会は終了しました。多数のご参加ありがとうございました。

メニュー

お問い合わせ

特定非営利団体

活動法人

エンパワメント輝き

電話番号

0194-66-8321

メールアドレス